April 2010 月別アーカイブ

April 30, 2010

POST FOSSIL 展、スタートしました

post_fossil.jpg
リーエデルコート監修による国内初のエキジビション、「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展が24日より東京ミッドタウン21_21 DESIGN SIGHTにてスタートしました。
前日23日にはプレスオープンと内覧会、24日はリーエデルコートと来日作家2名によるオープニングトークが行われ、多数の方々がご来場くださいました。

「21世紀のデザインを1995年頃に想像したときに、わたしたちはもっと未来的でハイテクなものを思い浮かべていたように思います。でも今みているものたちはむしろアルカイックで、原初的で、ローテクなものたち。それはなぜなのでしょうか。ここに集められたのはみんな若い作家たちです。彼らは決して懐古的なわけでもなく、テクノロジーに否定的なわけでもない。むしろ、木やガラスといったように昔からあるものも最新技術も同じように新鮮な眼で見つめ、好奇心と勇気をもってそれらに向かい合っている。それこそが21世紀のデザインのありかたなのでしょう。」とリーエデルコートが紹介しました。

オランダをはじめとしてヨーロッパ、アジアから集められた作品たちはひとつひとつストーリーをもち、作家たちの21世紀に向けた優しい視点が伝わってきます。ファッション、プロダクト、グラフィック、そしてアートといった領域を超えて、今知るべき"デザインのありかた"を示すポストフォッシル展。

ぜひ足をお運びいただき、それぞれのデザインを"発掘"ください。
作品の背景を知りながら見るとさらに楽しいエキジビション。
ギャラリーツアーの企画もご利用ください!

April 29, 2010

2011−12秋冬セミナー"taking flight"開催しました

takingflight2.jpg
アイスランドの火山噴火によって来日も危ぶまれる中でしたが、ミラノから無事"飛んできた"リーエデルコートによるシーズンセミナーを開催することができました。

「人間は環境や現状、そして自らが築いてきたテクノロジーに依存しているが、鳥は国境も関係なく自由に飛び回り、時に小さな鳥でさえも大陸間を移動している。自然災害で今までのように移動できなかったり、物資の輸送も難しいと実感したことで、より自国での生産や生活の基盤を固める必要を実感するとともに、鳥のように精神的にも物理的にも、国境もなく、自由に行き来することの大切さも強くなってくる。2011年春夏シーズンテーマが水だったのだが、潤いにみちた世界をいつもとは違った視点で眺める時がやってきた。今シーズンのテーマは鳥にインスピレーションを得るファブリックやカラーはもちろんだが、さらには群れの移動、巣作りといったようにさまざまな鳥たちに見られる暮らし方や自然とのかかわりから多くのヒントを得ることになるだろう。」と冒頭の挨拶でシーズンを紹介。

今回も文化女子大学に会場をご提供いただき、企業関係者、メディアなど多数の来場者と学生たちがいっしょになってシーズンを体感するひとときをもつことができました。会場エントランスのインスタレーションは前回に引き続きjardin du illonyさんが担当くださり、剥製の鳥たちと木々が秘密の庭のような空間を作り出し、休憩時間には、"鳥たちの好物"ならぬナッツやドライフルーツを楽しんでいただきました。

シーズンとしてはリーからも紹介があったように、ファブリックの重要性が高まっている点やカラーの使い方にも特徴がはっきりと見られるものです。また、今シーズン2年ぶりに発表した建築、ライフスタイルとデザイの方向性をまとめた"organic dwelling"も好評した。
これらの内容に関しては、まとめたブックを東京オフィスにそろえております。

次シーズンの発表は9月にパリで、11月に日本で開催予定です。


April 12, 2010

「POST FOSSIL:未来のデザイン発掘」展

pf_title.gif
pf03.jpg
デザインとはなにか、デザインという言葉が一般化した今こそ考えるべきデザインのありかたとは。
そんな根源的な問題をリーエデルコートが若いデザイナーたちの作品を通じて表現するエキジビション"ポストフォッシル"展が東京ミッドタウン21_21デザインサイトにて4月24日より開催されます。
21_21デザインサイトとは日常的なできごとに目を向け、デザインの視点から様々な発信を行ってきた場所で、今までにもさまざまなディレクターを迎えて独自な視点からデザインをみつめてきました。

このたび、そのデザインサイトにおいてリーエデルコートがディレクションしたエキシビジョンがスタートします。

「POST FOSSIL:未来のデザイン発掘」展についての詳細はこちら

会期: 2010年4月24日(土) - 6月27日(日)
休館日: 火曜日(5月4日は開館)
時間: 11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
入場料: 一般¥1,000、大学生¥800、中高生¥500 小学生以下無料
(15名以上は各料金から200円割引、いずれも消費税込み)
会場: 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 tel. 03-3475-2121
アクセス: 都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線 六本木駅、
千代田線 乃木坂駅より徒歩5分

主催: 21_21 DESIGN SIGHT、財団法人 三宅一生デザイン文化財団

後援: 文化庁、経済産業省、港区
助成: オランダ王国大使館、モンドリアン財団
特別協賛: 三井不動産株式会社
協力: ノルウェー王国大使館、TREND UNION JAPAN



2017年03月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31